Financial

キャッシングサービスの特徴を徹底解剖【利用するなら金利に注目】

銀行と消費者金融の違い

利息が低いのは銀行です

セーブマネーボックス

銀行のキャッシングと消費者金融のキャッシングでは、いくつかの点で違いがあります。まず銀行は審査基準が厳しいため、正社員、あるいは公務員のように、安定した収入のある人の方が、通りやすいといえます。一方消費者金融は、審査基準が緩いため、アルバイトやパートタイム、派遣社員の人でも収入があれば通る確率が高いです。自営業の人も、初めて利用する場合は、消費者金融に申込むといいでしょう。それから銀行と消費者金融とでは、金利も違います。これは審査基準とは反対で、銀行は低く、消費者金融は高めに設定されています。銀行の場合は、年間の金利が15パーセントを超えることはまずありません。しかし消費者金融は、年利の上限が20パーセントとなっています。もっとも最近は消費者金融のキャッシングでも、年間で18パーセント程度に抑えている会社もあります。元々消費者金融のキャッシングの金利は、年間で20パーセントと決められていたのですが、29.2パーセントまでの金利であれば、罰則規定が設けられていませんでした。しかしこれが問題となり、過払い金請求が起こるようになって、法律が改正され、20パーセント以上の金利をつけた会社は処罰の対象となったのです。トータルで考えると、消費者金融の方が、やや金利は高いものの、利用しやすいといえます。ただし消費者金融には総量規制があり、借入の上限額が、その人の年収の3分の1までと決められています。消費者金融の借入すべてに、この総量規制が適用されますので、何社も利用している時には、新規の借入ができないこともあります。そのような時は総量規制対象外の会社、または銀行を利用することになります。

注意したいポイントとは

メンズ

キャッシングとは金融機関や消費者金融から無担保でお金を借りる事が出来るサービスで一定の収入さえあれば、フリーターや主婦でも借り入れを行う事が出来る様になっています。借り入れは各金融機関毎に審査が行われ、独自に設けられた金利の範囲内で金利が決定されて行きます。上限金利は18%までと法律で決められていますが、その範囲内であれば、各金融機関が独自に金利の幅を決める事が出来るのがキャッシングの特徴です。なお、支払う金利に関しては定期的に見直す事が出来る様にもなっており、支払いを続けて、信用を形成していけば、金利を下げてもらう事も可能となっています。その際にもキャッシングに申し込んだ時と同じ様に審査が行われ、他社からの借り入れ状況や勤務状況などの確認が行われます。また、キャッシングを利用する際に注意が必要となるのが、総量規制という法規制となっており、消費者金融からの借り入れは年収の3分の1までとされています。ただし、銀行系のカードローンによるキャッシングに関しては総量規制の対象とならないなど、例外もあるので年収の3分の1以上の借り入れを検討しているという方は注意が必要です。この様にキャッシングは金利や借り入れる事が出来る金額などが業者によって異なるので注意が必要となりますが、賢く利用を行えば、急な出費などにも上手く対処する事が出来、生活を豊かにする事が出来る様になるので、非常に頼りになる存在であるといえます。

法律と信用度で

貯金箱

キャッシングでは多くの金融機関が、上限金利を法定金利に合わせています。具体的には、キャッシングの元本が100万円未満の場合は年に18%、100万円を超えている場合は15%としているのです。利息制限法で定められている数字なので、これを上回る金利で貸し付けを行った場合は、その金融機関は行政処分を受けることになります。そのため法を順守している金融機関は全て、法定金利をオーバーしないように気を付けて営業をしています。逆に言えば、オーバーしなければ何%に設定しても、行政処分を受けることはないわけです。そのため金融機関の中には、あえて法定金利よりも低めの金利で貸し付けを行っているところもあります。そうすることでキャッシングの利用者が増えれば、かえって利益が増えることになるからです。またキャッシング履歴を照合して、信用できるとみなした利用者に対して、金利を優遇するという金融機関もあります。たとえば計画的な借り入れと返済とを半年以上続けている利用者には、今後も利用を続けてもらうために、通常よりも低金利で貸し付けをするのです。それに伴って貸し付け金額も増額されるので、この対応は利用者には一石二鳥と言えます。このようにキャッシングは、上限金利が法律で決められていても、実際にはそれよりも低めの金利で利用できることがあるのです。金融機関を厳選し、なおかつそこで誠実な姿勢を貫くことで、キャッシングは一層便利に利用できるようになると言えます。